手掌多汗症
手掌多汗症

発汗や汗かきの原因

汗をかくということは、主に体温調節を目的として体が自然に行います。

また、興奮して交感神経が過敏になった際に発汗が起こることが知られていますが、これは「滑り止め」としての意味もあるのではないかと考えられています。

いずれにしても汗が出るということは、人体にとって必要なことであり、生きていく上で重要なことでもあります。

しかし時に、正常な汗の出方ではない状態になってしまう場合もあり、その場合は「発汗異常」と言われます。

手掌多汗症もそのひとつですし、更年期やホルモンバランスの崩れでもそのようなことがおこる場合があります。

発汗異常についてはこちらのサイトが参考になると思います。

発汗・汗かき.net
http://www.8kan8.net/


手掌多汗症とは?

手掌多汗症とは?

 

手掌多汗症について紹介します。手掌多汗症というのを聞いたことがありますか?私の周りにも一人手掌多汗症の友達がいました。体育の時間でスクエアダンスをすることがあって手をつながなければならなかったのですが手に汗をかいていて、人と手をつなぐのが嫌だというので、そのときは手袋をはめてダンスをしていました。手掌多汗症の症状として、手に大量の汗をかくと言う症状があるようです。


私たちも緊張したり、ちょっと困っているときやパニックになっているときには手に汗をかきますが、それよりも大量にかくので手掌多汗症と言う名前がついているようです。手掌多汗症の人というのはとても悩む病気です。みんなそれぞれ悩みを抱えているようです。


やはり、手掌多汗症と言うのは、自分だけの問題ではなく、人と接したりする時に相手を不快にさせないかと心配したり、相手から自分がなんと思われるのか心配したりして悩みを抱えている人が多いと言われています。


手掌多汗症の治療

手掌多汗症の治療

 

手掌多汗症の治療について紹介します。手掌多汗症の治療方法には色々な方法があるといわれています。手掌多汗症の治療法方には、飲み薬によって治療する方法があります。手掌多汗症の飲み薬は、どんな成分の飲み薬なのかと言うと、精神的な面から汗をかくことを抑えるために、精神安定剤を飲んだり、汗の分泌する量を抑えるという薬を飲むことになります。


そして手掌多汗症の治療方法の二つ目としては、皮膚科的な療法というものがあってイオントフォレーシスとよばれる治療方法があります。イオントフォレーシスという手掌多汗症の治療方法がどんなものかと言うと、水の中に掌を入れてその水に電流を流して治療すると言う方法です。この治療法は他の治療法に比べると副作用がないことから子供でも行うことが出来ます。


そして他には手掌多汗症の治療方法として他にも、ボツリヌス毒素と言うものを汗をかくところに注射して治療するという方法があります。この治療法は少し金額が高いようです。


手掌多汗症の手術

手掌多汗症の手術

 

手掌多汗症の手術について紹介します。手掌多汗症の手術は、手掌多汗症の治療法の一つに手術という方法があります。手掌多汗症の手術には、色々な方法があります。手掌多汗症の手術というのはどのような手術なのかと言うと、手のひらに書いてしまう汗を止めるという手術だそうです。


手掌多汗症の手術をする人は、やはり相当手掌多汗症に悩んでいる人だと思いますね。私の友達でも手掌多汗症の手術を受けようか迷っていた友達がいます。手術を受けるひとというのはどれくらいの症状の人なのかというと、目で見えるくらい汗を掌に書いて、勉強をしているときにノートがぬれてしまったり、仕事をしているときに書類が汗でぬれてしまうくらいの人に行うようです。


でも手術を一回してしまうと、もう元に戻せないそうなので、もしも手掌多汗症の手術を受けようかと悩んでいる人はすこし考えてから行うほうがいいですね。手術をする時は自分の症状の度合いによってお医者様からお話しがあるそうです。


手掌多汗症のドライオニック

手掌多汗症のドライオニック

 

手掌多汗症のドライオニックについて紹介します。手掌多汗症のドライオニックというのは、家で手軽に行うことが出来る家庭用の手掌多汗症のためのイオントフォレーシスの機械のことです。手掌多汗症のドライオニックの使い方の紹介をしたいと思います。手掌多汗症のドライオニックの使い方は、水に、手を入れて、その水の中に電流を流します。電流は、弱い電流で、薬などは一切使わずに行うのがこの手掌多汗症のドライオニックです。


手掌多汗症のドライオニックは大体の人に効果があるといわれています。電気を流すことによって、水素イオンが汗の出る部分を防ぐことができると言う仕組みになっています。手掌多汗症のドライオニックの治療法の副作用は、湿疹が出来たりする人もいますし、手がかゆくなったり、皮膚がむけてしまったり、水ぶくれが出来てしまう人もいるようです。もしも手掌多汗症のドライオニックに副作用が出た場合には、この方法での治療は難しいかもしれませんね。


手掌多汗症のボトックス注射

手掌多汗症のボトックス注射

 

手掌多汗症のボトックス注射について紹介します。手掌多汗症のボトックス注射は、汗の量を調整している神経の物質の生成を抑えて症状を治すと言う方法です。手掌多汗症のボトックス注射は、今までは手術だけの治療法しかなかった手掌多汗症の治療に手掌多汗症のボトックス注射が出来るようになってから簡単に治療を進めることが出来るようになりました。


手掌多汗症のボトックス注射の治療を行ったときはどれくらいの効果があるのかというと、だいたい注射をしてから3ヶ月から1年くらい効果が続くと言われています。手掌多汗症のボトックス注射は、精神的なことで汗が増えてしまう人に効果があるといわれています。治療をしたことによって汗が出ないと思って安心すると、それだけで汗を気にすることがなくなるからだといわれています。


確かに、汗が出ないと言われれば安心して過ごすことが出来るので、汗を気にする心配がなくなるだけでちょっと汗が出ないようになる気がしますよね。やっぱり汗が出たらどうしようと思ったら緊張して汗が出てしまいますよね。